飾り線上

雨が上がった平日の午後はカクテルを

飾り線下
北方版水滸伝の人間くさく凛々しい人物が、オリジナルの108星になぞらえて、主要な作中人物が108人でてくるが、敵方、政府側の作中人物も人間くさいのがいて、血が通っていると思える。
登場キャラクターに人間的なもろさがうかんでくるのもまた、心がひかれるわけだ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に能う限り 悪戦苦闘しているのが読んでいて熱中する。
読んでいておもしろい。
だが、心ひかれる人物が悲しい目にあったり、希望がなくなっていく様子も心にひびくものがあるから熱中する大衆小説だ。

一生懸命踊る彼とファミレス
元ブラビのビビアン・スーは、美人で秀才で才能あふれる人だ。
年が30代の終わりなんて、思えない。
昔見たTV番組で、印象的なのが、まだ英語を学び始めたばかりのビビアンが英語のみのインタビューにアンサーしていた姿。
ちょうど学び始めたばかりらしかったけど、とても一生懸命だった。
今となっては英語だけでなく日本語も、じゅうぶんペラペラなんだろうなーと思う。
ビビアンの素敵さは目を見張る位である。
飾り線上

具合悪そうに熱弁する弟と霧

飾り線下
午前0時を過ぎて、目が冴えているときに、DVDをはまって見ることがある。
こないだ選んだDVDは、「エスター」という米国の映画だった。
主役の、エスターと言う子は頭が良いけれどずいぶんクレイジーな9歳の少女。
エンドには意外な結果が見られる。
これを見ている中盤で、終わり方が分かる人がいるか疑問なくらい意外すぎる終わり方。
結果は、ビクッとさせるわけでもなく、恐ろしくゾッとするような結果だった。
映画は、日頃の私の深夜の時を充実させてくれる。
問題は、だいたいジントニックなんかの甘いお酒もお供しているので、体重が上昇するのが分かる。

息もつかさず走る母さんと霧
夏季でイベントが大変多くなり、今日この頃、深夜にも人の通行、車の往来がとてもたくさんだ。
かたいなかの奥まった場所なので、いつもは、夜更け、人の行き来も車の行き来もそんなにないが、打ち上げ花火やとうろうなどがされていて、人の往来や車の通りが大変多い。
常日頃の静寂な夜が妨げられてちょっと騒々しいことが残念だが、いつもは、エネルギーがわずかなへんぴな所が活気があるようにうつるのもまあいいのではないか。
近辺は、街灯も無く、小暗いのだが、人の通行、車の往来があって、にぎやかさがあると陽気に感じる。
飾り線上

天気の良い木曜の午後に食事を

飾り線下
太宰治の斜陽の、好きの私は、三津浜水族館近くの安田屋旅館に向かった。
共に文庫本大ファンの友人。
この安田屋旅館は、作家の太宰がこの本の章の一部を集中して書くために滞在した旅館。
階段を歩くと、ミシミシと、響く。
宿泊のついでに見せてもらったのが、太宰治が宿泊した二階の古びた部屋。
青々とした富士山が半分、姿を見せていた。
すぐそこの海の海面には生け簀が作られていた。
このあたりは足を運んだかいが大いにある。

寒い平日の明け方に食事を
ほほえみって綺麗だなーと思っているので、なるべく笑顔でいるように心がけている。
なるべく、時と場合を考えて。
けれど、他の人に強制してはだめ。
結局は、一概には言えないけれど自身の概念として。
会社にいる時は真顔で必死で仕事していた人が、ほころばせたその瞬間。
もう、大好き。
笑い皺ができる人が大好き!とよく言う友達。
その気持ちも理解できるかもしれない。
飾り線上

風の強い日曜の朝は窓から

飾り線下
学生時代、コンディションがあまり良くない上に、偏った食事と、睡眠の中身が悪かったので、シミが多かった。
嫌だなあと考え、生活習慣を送り、肌に良い事をやってみようと情報収集をした。
そこで推進されたのが、アセロラドリンクだ。
現在でも結構飲む。
れもんよりも肌に必要なビタミンCが多く含まれているという。
ヘルシーとビューティーはやはり食事から出来上がるのかもしれない。

陽気に吠える弟と濡れたTシャツ
ベローチェでもその他カフェでもどこででもコーヒーを飲むことができる。
もちろん、オフィスでインスタントでもいいし、自動販売機で買う

私が大好きなのがスターバックスだ。
全てノースモーキングと言うのは、煙草の無理な私にはポイントだ。
よって、コーヒーの香りを楽しむことができる。
値段も高いけれど、上質の豆が使用されているのでグルメにはピッタリだ。
甘いもの好きには毎回コーヒーと、つられて甘い物も頼んでしまうという落とし穴もある。
飾り線上

雨が降る水曜の明け方は熱燗を

飾り線下
私は昔、会社に入って多くの仕事仲間に囲まれて働いていた。
しかし、3年が経過すると、大勢で共に仕事をするのが無理だと痛感した。
縛られる時間が長く、チームプレイで行うので、どうしても噂話が多い。
噂話を元に、仲よくすれば世渡り上手になれるのかもしれない。
何を聞いても、本人の自由では?としか思えない運命なのだ。
その上、仕事のペースが遅い人に合わせるという努力ができない、早い人に合わせられない。
普通は、努力が見られない!と思うかもしれないが、父には運命なのだと言われた。

気どりながら泳ぐ兄弟と花粉症
日本は、たくさんの祭りが開催されているだろう。
生で確認したことはないけど、大変よく知っている祭事は、秩父夜祭りだ。
ゴージャスな彫刻をした、笠鉾が2基と屋台が4基。
お祭り会館を見た日に、DVDや実際の大きさの笠鉾と屋台を見た。
冬に行われているので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
生で見たい祭りの一個なのである。
逆に、夏に開かれているのは、箱崎のほうじょうえがあり、すべての生き物の生を奪う事を禁止する祭り。
江戸時代は、この祭事の行われている間は、漁業もしてはいけなかったとの事。
代々続く祭りも大事だが、私はリンゴ飴の屋台も同じくらい好き。
飾り線上

関連サイト&お役立ちサイト紹介

飾り線下

激安引越 見積もり
お得に引越したい?なら、ココから料金の見積もり比較をして、引越業者さんで1番安い激安なところを探そう☆


Copyright (C) 2015 カミナリと山とカマイタチ All Rights Reserved.